2012年10月20日

展示会!IFFTに行ってきました〜。

朝晩めっきり寒くなって、布団からでるのも億劫な秋田の今日この頃です。
でも今日は秋晴れで、気持ちがいい週末ですね〜。 

さて、10月17,18,19日と、東京のビックサイトで行われていました、インテリア関係の見本市その名も「インテリアライフスタイル リビング(IFFT)」に行ってきました。毎年開催されているのですが、2年ぶりに見に行ってきました! 
ファブリック製品よりも、家具や斬新なデザインなデザイン雑貨が多い展示会です。最終日には一般消費者の皆さまも入場可で、実はものによっては展示品の即売もしているので、意外にお得にお買いものができちゃったりすることもあります。 

それはさておき… 今回の感想。
@ インテリア雑貨は、遊び心が満開。キャンディに見えるマドラーや、お花に見えるランプシェード、はげ親父モチーフの(?)塩コショウ入れ…etc. ガーリーな甘可愛い路線というよりは、ピリ辛シュール路線や大人かわいいデザインが多かったです。雑貨はインテリアとして、取っ掛かりやすく冒険しやすい。色は、今年も多いビビッド路線。配色としては、濃いピンクxラピスブルーなどのモロッコ系や、レトロな丸みを感じる赤x黄 などがGoodでした。 
照明類のなかではあかりの花屋さんがとても素敵でした。 百聞は一見に如かず。→→ ホームページ<http://www.sachiemuramatsu.com/index.html> 

A 椅子やソファやキャビネットなどの家具類のメーカーの参加が減?北欧風の家具類やカリモクなどは、根強い人気。その人気路線を追った雰囲気の家具が多くてメーカーの個性が見えにくくなっている気がします。合わせやすさや、使いやすさは抜群のナチュラル路線。便利ですが、そのまま使うと没個性。
展示会で没個性してどうするんだ…。とちょっと残念。例年多かった中国出展者ブースも、国際問題の影響か、今年は激減でした。

B ファブリック。デザイナーズギルドやPasaya、ローラアシュレイなどなど。数は少ないけれど見ごたえは十分。海外メーカーがメインです。中々日本では難しい大柄の生地もありますが、さし色として是非使いたい発色のファブリックがありました。タッセル(カーテンをまとめる帯)もGOODでしたが、クッションが素敵でした。お手本にして、ちょっと素敵で他に無いクッションを作ってショールームに展示してみようかと思います。 

来月のJapantex(テキスタイルの見本市)にも期待!! 

posted by 美鶴 at 16:09| 秋田 ☁ | TrackBack(0) | 日記・所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック