2011年09月23日

レースカーテンのお手入れ

レースのカーテンって、かけていると気がつかないうちに結構汚れているものです。 
窓を開けた時には、基本的にレースのカーテンは閉めておきますよね?そう、レースのカーテンは外からの塵や埃をフィルターとして取ってくれる役割もあるんです。
そりゃー よごれるわー。
喫煙される場合は、更にヤニもつきます。 
きゃー。 
さて、お洗濯しましょう。 

レースカーテンのお洗濯、おうちですると気分もすっきりするし、お部屋も明るくなるのでおススメですよ。
でも、じゃぁどうやったらいいのー?とのお声もよく聞きますので、以下に簡単にまとめます目

まず洗濯ラベルを確認します。レースはポリエステルの物が大半ですが、天然素材系のものなどもありますので、お洗濯できるかまずご確認ください。

で、水洗いOKの場合:

その@ まず、レースの生地の状態をチェックします。
 案外気がつかないんですが、紫外線によって生地が劣化していると縦に裂けていたりすることがあります。目立たない場所の生地を軽く手で引っ張って強度を確認してください(あまり力を入れすぎないように)ちょっと引っ張っただけで裂けたり、裂けそうになった場合は洗濯機は使用しないでください。お洗濯している最中にボロボロになる可能性があります。なるべく優しくぬるま湯で手洗いして下さい。

そのA レースカーテンをレールから外す前にハタキやコロコロローラーなどで埃を取ります。 

そのB カーテンレールからはずします。 

そのC カーテンからフックを外します。つけたままだと生地に引っかかって裂ける恐れがあります。

そのD 洗濯液をつくります。汚れがひどい場合には、ぬるま湯に洗剤をといて、酸素系漂白剤を加えます。塩素系は避けます。 

そのE 弱水流で洗います。水がまっ黒になる場合は5・6分ほど洗ってから、洗濯液を新しいものに変えてもう一度洗うとよいです。すすぎもしっかりします。静電気防止になり埃がつきにくくなるので柔軟剤もおススメです。 すすぎの間に、外したフックもざっと洗っておくと良いです。 

そのF 脱水は短く。量にもよりますが、1分から2分程度で止めます。 

そのG フックをつけ、そのままカーテンをレールに下げて乾かします。 

以上、レースカーテンの基本的なお洗濯方法でした。 
まめに洗ってあげると、ごしごししなくても綺麗を維持できますし、カーテンの持ちも良くなるので、是非お洗濯してくださいね〜手(チョキ)ぴかぴか(新しい) 

byスタッフM


【関連する記事】
posted by 美鶴 at 11:53 | TrackBack(0) | カーテン徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。